【藤井セミナー】少人数制の大学受験英語塾 【兵庫県】三宮教室

説明会日程はコチラ
地図はコチラ

藤井セミナーへ

三宮教室ブログ

「お前は無理や...」と思われてる君!...奴らをアッと驚かせよう!。
人生で一番自分を大きく変えるチャンスが大学受験!






2015年2月受験者 合格体験談
合格おめでとうございます

合格おめでとうございます *(卒)は浪人生です。

御影
★ 槙田宏明(卒)(ラグビー部) 関学(法.社.人間福祉.総政)同志社(社)// 社会の偏差値は、55から77にアップしました。この塾では、関学や同志社は、英語と社会を得点源にしたらかなり受かりやすい!と言われて英語と社会を徹底的に鍛えられます。自分が受かってみると、やっぱりこの方法が正しいかったと実感しました。
★ 大間清也(現役)(サッカー部) 同志社(政策.政策)// 英語の偏差値は16アップしました。最初は英語が苦手だったのでこの塾に入りました。塾に入ると、みんな自然と関学や同志社を目指すようになり、ライバル心が出てきて頑張ることができました。一番最後の模試でも、E判定だったのですが、同志社の本番では英語は80%近く取れました。藤井で長文を鍛えたからだと思います。世界史も、藤井の授業を受けて、継続して頑張れば偏差値は72まで伸びてセンター試験でも96%の得点ができました。

六アイ
★ 福田 晟之(卒)関学(法)// 去年は、国語は学年最下位だし、世界史は受験科目にないから全く勉強はしてなかったし…という状態で浪人が始まりました。世界史は藤井セミナーの授業を受けて、藤井でできた友達からも刺激を受けてがんばって、本番では90%を取ることができました。英語も、この塾で頑張ったので当然できるようになって、関学の本番では80%以上は取れました。同じ高校の先輩が、藤井セミナーから同志社に受かっているので、やればできる!と思って頑張りました。

甲南女子

左から甲南女子の松井さん、須磨東の吉田さん、県芦の松本さん、鈴蘭台の光辻さん
★ 松井理知(現役)(オーケストラ部) 関学(経.商)同志社(法)// 藤井セミナーでは、周りが頑張る雰囲気が強かったので、自分も頑張ろうと自然に思えて勉強をいつものように、嫌々することはありませんでした。文法は苦手だったのですが、それは直前に回して、まずは英語長文から鍛える方法がよかったです。模試ではE判定ばかりでしたが、藤井の先生に励ましてもらったり、塾長の話が本当におもしろかったり、またライバルを見つけて頑張る仕組みが塾にはあったり…など色々なモチベーションがどんどん出てくるので、最後まで頑張ることができました。英語はセンターで8割、関学でも7割は取れました。


左から甲南女子の南條さん、松蔭の新井さん
★ 南條夕莉子(現役)(硬式テニス部) 関学(経)// 模試の判定もE判定だったので、学校では「滑り止めを受けないさい」とか「7日連続の試験はやめなさい」とか言われましたが、藤井セミナーでは全く逆の事を言われます。最後は、塾の方針を信じて「行きたい所しか受けない!」という滑り止め無しの受験で頑張りました。結局、その方がスランプになった時もすぐに立ち直れて最後まで本気で頑張ることができました。また7日連続で試験を受けても、始まってみれば、あっという間でした。

長田
★ M君(現役)東京海洋大学(海洋科学部)// 説明会を聞いて、基礎レベルから本番で通用するレベルまで英語力を高めてくれると思って入塾しました。予習形式の勉強方法ではなかったので、無理なく続けることができました。英語の成績が少しづつ上がっていく実感があって、楽しかったです。


鈴蘭台
★ 光辻春菜(卒)関学(法.総政)// 英語の偏差値は20近くアップしました。塾のチラシを見て、自分もこれなら関学に行けるかもと思い説明会に参加しました。塾で言われた英語の練習方法を実践すると、本当に成績は上がると実感しました。

★ 長野若葉(現役)(ハンドボール部)関学(社)同志社(商.法.文.グローバル地域文化)関大(経.商)// 藤井セミナーは、お姉ちゃんも行っていたし、評判がよかったから入塾しました。英語と社会をひたすらやるところが、他の塾とは違うと思います。自分が受かってみたら、この方法が本当に効率よく誰でも受かる方法だと思いました。この塾は、頑張ればほめてくれるし、自由な雰囲気が大好きです。関学や同志社に受かるためには、藤井セミナーの言う事を聞くこと、そしてその方法で頑張る自分を信じること、最後に塾を休まないことです。

★ 河田佑(卒)関西(総合情報)// 英語は偏差値70にアップしました。塾で授業を受けて、その後の復習の仕方を言われた通りの方法でやっていれば英語の成績は伸びました。実際、英語長文はかなりスラスラ読めるようになりました。授業料は安いし、先生たちも話をしやすく相談に乗ってもらいやすい雰囲気です。塾に入る前は大学受験をするかどうかも悩んでいたのですが、合格できたので藤井セミナーに入ってよかったです。


葺合

左から葺合の吉田君、大口君、御影の大間君、葺合の金谷君
★ 吉田清武(現役)(ソフトテニス部)関学(経.法.法)関大(法)// 藤井セミナーは、兄が行ってたこともあり入塾しました。塾では、どれぐらいの大学に行けば、将来どうなるか…など色々実例をまじえて話をしてくれるので、勉強のやる気につながりました。学年でも最下位近くでしたが、藤井セミナーの復習の仕方のノウハウでかなり頑張れば、英語の成績がアップしました。またこの塾では、競い合いながら頑張れる仕組みがあったので合格できたと思います。僕も、この塾の方針通り、滑り止めは受けず試験に臨みました。その結果赤本を絞れて、合格まで効率の良い勉強ができたと思います。

★ 金谷翔人(現役)(サッカー部)関学(経.経.法)// 英語の授業だけでなく、社会の授業もよかったです。世界史の偏差値は68まであがりました。関学の世界史も本番では90%ぐらい取れました。部活をしながらでも続けることができる塾です。

★ 大口陽向(現役)(バスケ部)関西(法)// 藤井セミナーは、家のお財布に優しく、他の予備校などと比べると圧倒的に安く合格できると思ったので入塾しました。塾では、関関同立を本気で狙う人が多くて、お互いライバル視して自分を高めることができました。10月の模試は英語の偏差値は45ぐらいでしたが、コツコツ頑張ればぐんと伸びるときが来て、12月には偏差値60になりました。また先生方が本当に親身になってくれて何でも相談できるのがよかったです。

★ 芦田智世(現役)(吹奏楽部)関学(法)// 学校では、関学受験は相当厳しい!と言われ泣いてしまいました。でも塾では、そんな事は全然言われなかったし、受かる為の方法や作戦を常に教えてくれました。藤井セミナーでは滑り止めは受けないほうが受かる!と言われ、私もそれを信じて、滑り止めは受けませんでした。そのおかげで、対策が絞れて余計な勉強はしなくてすみました。藤井セミナーの入塾のきっかけは友達に誘われたからですが、説明会を聞いて、藤井セミナー独自の復習の方法で頑張れば絶対に英語の成績は上がると確信して取り組めました。そして、その復習方法をむちゃむちゃ頑張りました!国語は全然できないけど、英語の成績ほんとに上がって、英語と社会で合格できます!


県芦
★ 松本春菜(卒)関学(経.経.商)同志社(経)// この1年は浪人してメンタルが強くなったと思います。一般的には滑り止めを受けるようですが、塾の先生と相談して滑り止めは受けない受験を選択しました。結果的には、その方が最後まで諦めずに頑張ることができて直前でも実力が伸びたと思います。

★ 中村智暁(現役)(ラグビー部)関学(文)// 藤井セミナーでお勧めの復習方法を、ものすごくむちゃむちゃ頑張りました。そのおかげで、英語の偏差値は40台だったのが60に乗り、関学の本番でも7割の得点ができました。部活の引退が11月でしたが、塾でやっている勉強方法を本気で頑張れば大丈夫!と言われて、それを信じて必死で追い込んで勉強してよかったです。受験勉強は、藤井セミナーで教えてもらった方法を「やるか」「やらないか」という事だけです。ただ、受験生へのアドバイスとしては、僕はスタートが極端に遅かったので、スタートはできるだけ早い方が絶対に焦らず不安にならずに勉強ができていいに越したことはないと思います。

★ 柳川裕歩(現役)(バスケ部)同志社(生命医科学)関西(生命医科学)// 藤井セミナーは、授業料が安くて英語の成績がかなり伸びると思ったので入塾しました。本気で同志社や関学を目指す人なら、絶対にお勧めです。塾には競争意識を高める工夫が色々とあるので、自然とモチベーションがアップして頑張ることができました。

★ 小出義明(卒)(バスケ部)関学(経)// 英語が苦手な人や、できない人でも、藤井セミナーの勉強方法を実践すれば、必ず成績は上がります。この塾は、父に勧められて入塾しました。高校の時は、315人中300番位だったこともあったのですが、将来の事や、就職活動の事など、色々と先生方が親身になって教えてくれて、それがモチベーションにつながりました。


龍谷
★ 城文佳(卒)(吹奏楽部)関学(経)// 同じ部活の子が、藤井セミナーに通っていて、うわさを聞いて私も入塾しました。今、受かってみると、現役の時に滑り止めを受けて、妥協しなくて本当によかったと思います。この1年で目標をもって努力すれば、結果が付いてくるとプラス思考になれたことがよかったです。

★ 近藤賢斗(卒)(サッカー部)関学(法)// 英語も日本史も偏差値は70近くになりました。めちゃめちゃ偏差値が低いところからのスタートだったから、藤井セミナーのやり方を必死になってやりました。そしたら、受験は努力と継続と運だと思ってた、運の部分が実力に変わっていくような気がしました。成績が悪くて勉強においてバカにされていても、逆転合格を可能にしてくれる塾だと思います。それは、塾長や他の先生らの話に間違いなく意識を変えさせてもらって、頑張ることができたからだと思います。


神港学園
★ 長田慎哉(卒)関学(法.経.商)// 勉強以外の面でも色々とサポートしてくれた塾の先生や、切磋琢磨して頑張る環境を作ってくれた塾の仲間に感謝します。


親和
★ 芹生美鈴(現役)(書道部)関学(法)// 姉の友人の紹介で入塾しました。塾での社会の授業は、授業後に用語を覚えるシートとCDをくれて、それが暗記の役に立ちました。塾の日本史の先生が直前で「出るぞ!」って言われたところが出ました!試験は8日連続で受けました。学校では、もっと休みを入れろと言われましたが、終わってみればあっという間でした。

★ 谷本真央(卒)(卓球部)関学(法.総政)関西(社会安全)// 他の予備校よりお金がかからず関学や同志社に受かると思ったので、入塾しました。母の友人の娘さんも藤井セミナーで、勧められた事も理由です。英語の長文を、この塾独自の復習方法で頑張れば、自然と国語の点数も上がっていきました。最後の模試で、関学がE判定、関大がD判定でしたが、結局全部受かりました。説明会では「模試の判定は関係ない」とか「英語長文が得意になれば自然と国語も成績はアップする」と言われましたが、本当でした。

★ 中尾喜奈(現役)関学(経.法)同志社(法)// 藤井セミナーでは、勉強する優先順位や順番をちゃんとつけてくれるところがよかったです。例えば、私学文系なら英語 → 社会 → 古典という感じです。また、大学生活や、大学生の就職活動の話など、かなりリアルな所まで話してくれるので、レベルの高い大学を目指して頑張る気が出ました。受験1ヶ月をきっても志望校は悩んでいたのですが、塾での勉強方法を実践していたら、どの大学でも通用するのだなと思いました。

★ 山本紗妃(現役)(バドミントン部)関学(社.法.法)明治(政経)// この塾は、とてもアットホームで先生にとても相談しやすい雰囲気があります。でも、色々とライバル意識を煽られて危機感を感じて勉強を頑張れる仕組みもあります。入塾は新聞に入ってるチラシを母が見つけて、母の勧めで入塾しました。他の予備校の英語の講座も受けましたが、藤井セミナーの方がよかったです。


松蔭
★ 新井歩(現役)(茶道部)関学(経.商.文)// 塾代は安く受かりたいと思ったから藤井セミナーに入塾しました。他の予備校だと、正月特訓だけでも10万以上かかるらしいですが、藤井ではそんなにかかりません。この塾では、英語長文と社会に絞ったシンプルな勉強方法で合格者をたくさん出しているところにひかれました。学校でも、国語を勉強しなさい!と言われたけど、英語と社会を中心に勉強をした方が、合格に近いと思います。その勉強方法も予習がなくて、独自の復習方法を教えてくれるので、誰でも頑張ればできる方法です。その結果、関学の英語では8割は得点できました。また、先生達とも仲良くて何でも気軽に話せるアットホームな雰囲気もよかったです。最後の模試ではE判定でしたが、塾の先生の言うことを信じて勉強を頑張って合格できて、本当にこの塾でよかったです。


仁川
★ 下奥湧(卒)(サッカー部)関学(経.法)// 藤井セミナーから現役で同志社に合格した友達のママ友ネットワークで、「息子達も藤井に入れよう」となったらしく、僕も入塾しました。先生にはずっと励まされて、でも時々カツを入れられて頑張ることができました。実力や復習の結果もランキングで出るので、現役の子らには負けたくない!と思い頑張れました。復習で必ず課される暗唱箇所のおかげで英作が得意になりました。また先生と気軽に話ができて相談できる雰囲気がよかったです。今、例え偏差値が低い現役生でも、藤井セミナーに来て頑張れば絶対に受かる!と思います。

★ 須原尚吾(卒)(サッカー部)同志社(政策)関学(法.社)関大(文.政策)// 姉が、藤井セミナーから同志社に現役合格していたので、僕も入塾を決めました。他の予備校と比べると教え方が丁寧で先生との距離が近いのが特徴だと思います。相談できる先生が沢山いたのもよかったです。この1年でこつこつ努力すれば結果は必ずついてくると自信を持てるようになりました。

★ 三戸田光輝(卒)(陸上部)同志社(経)// 偏差値は、悪かったときは英語も社会も国語も30ぐらいでしたが、3教科とも2倍以上アップしました。その理由は、予習のない授業で最初は負担が少なく、勉強を継続できる意欲がわく授業だったからだと思います。やる気のある人は、ヒントをくれて頑張る意欲を引き出してくれました。最初の説明会での話が心に響いて入塾してよかったと思います。


クラーク
★ 寺西碧人(卒)関学(理工)// 僕は理系なので、藤井セミナーでは英語の利用だけでした。大手予備校に行ってたけど、英語長文で悩んでいたので入塾しました。藤井セミナーは勉強方法がはっきりしているので不安になりません。そして、藤井セミナーの勉強方法を続けていくと、みるみる実力が上がっていくのを感じました。


西宮北

左から、西宮北卒の馬場さん、親和卒の谷本さん
★ 馬場みなみ(卒)(バレーボール部)同志社(政策)関学(総政.人間福祉)// 英語の偏差値は20近く伸びて70を超えました。日本史も塾の授業を受けて偏差値は70近くにアップしました。藤井セミナー独自の復習方法を、とにかく頑張れば誰でも関学や同志社には受かると思います。大手予備校と比べたら、いい意味で空気が張りつめていなくて、時間割がそれほどないのが良かったです。先生から色々な話を聞くうちに、色々な分野に関心が広まり大学に行っても勉強を頑張る気持ちが持てました。

神戸学院大学附属
★ 宮崎美奈子(卒)関学(法)// 英語も世界史も、偏差値では20アップしました。他の予備校だと、偏差値だけでボロカス言われた友達もいましたが、藤井セミナーでは、一人一人に向き合って相談に乗ってくれて、模試や偏差値は関係ない!と励ましてくれました。そして、何をしたら成績がアップするか具体的に教えてくれるところがよかったです。


報徳
★ 小園健太(卒)関学(文)// 英語と国語の偏差値は15アップして、世界史の偏差値は20アップしました。藤井セミナーを選んだ理由は、大手の予備校みたいに縛られた感じがしないからです。この1年で自立して勉強することや、最後まであきらめない事を学んで精神的に強くなったと思います。


関西北陽
★ 大床真太郎(卒)関学(経.文.文)// 英語の偏差値は20アップして、世界史も20近くアップしました。この塾は、父の勧めで入塾したのですが、入ってみるとアットホームで、勉強できない人の気持ちを理解してくれる所がすごくよかったです。浪人をして勉強を頑張ったことで、周囲の人の意見に耳を傾けて、努力を継続できるようになりました。藤井セミナーの先生の言うことを聞いて食らいついていけば、必ず受かると思いました。


県立西宮
★ 弓場菜々子(現役)関学(法.総政.文)// 藤井セミナーに通っていた兄が、現役で同志社に受かったので、私も入塾を決めました。この塾では「滑り止めは受けるな」と言われ、学校の進路指導とはかなり違うアドバイスをされます。でも、滑り止めを受けないことで、本気のやる気がアップして、大学を絞ることで対策もとてもしやすかったと思います。他の予備校や塾と比べると、先生が親しみやすかったのもよかったです。


県立国際
★ 岡島沙良(現役)(剣道部)関学(法)// チラシを見て軽い気持ちで説明会に参加したのですが、あの説明会で話を聞いたことが本当によかったです!藤井セミナーは予習も宿題もないのが勉強を継続できた要因だと思います。私は人見知りが激しいのですが、塾はとてもアットホームなので、その雰囲気が大好きでした。でも、みんな本気で頑張る人が多かったので、授業の様子を見て闘争心がわいたのもよかったです。


神戸商業
★ 深津千晶(現役)(ハンドボール部)関学(法)// この塾で「滑り止めは受けるな!」と言われて、最初はビックリしましたが、結果的には全ての時間を関学の赤本に費やし、自分の行きたい大学に合格することができました。「今の偏差値は全く関係ない!」という考え方が、他の予備校や塾とは、かなり違うと思います。実際11月の模試は偏差値45、学校では古典も世界史の授業もなく、しかも学校から勧められた指定校推薦を断ったので、「浪人はできない!」と強く思うことで最後まで頑張ることができました。この塾の作戦を信じて頑張るしかないので、塾で言われることをしっかりと頑張ったことが合格につながったと思います。受験の本番では、関学の英語も7割、世界史も9割ぐらい取れました。


夢野台
★ 中島聡志(現役)(剣道部)関学(法)// 最初の頃は、英語の偏差値も40以下で成績も学年で下から6番目で、神戸学院を目指していたぐらいです。でも英語の偏差値は64まで伸びて、日本史の偏差値も73までアップしました。藤井セミナーでは、先生が大学や就職の話など、色々と話を聞かせてくれてやる気を出させてくれる所がよかったです。また何でも質問できて、丁寧に答えてくれるところも良かったです。他の予備校や塾と比べると無駄な授業がないので、この塾の復習のやり方に絞って頑張れば成績は上がると思います。


第一学院
★ 足達龍二(卒)関学(文.文.総政.法)// 日本史は、偏差値38だったのが、70にアップしました。短期間で何回も回す藤井ならではの社会の方法がとてもよかったと思います。また英語も、藤井セミナーで教えてもらう練習方法で頑張れば、誰でも絶対に成績はアップすると思います。六甲アイランド高校に通っていた知り合いが、藤井から関学に受かったので、安心して藤井セミナーの勉強方法に取り組むことができました。


神戸
★ 木佐貫克明(現役)北海道(総合文系)同志社(政策)// 英語は、けっこう酷い偏差値だったのですが、藤井セミナーの復習方法で頑張って、授業後にもらう音声CDを利用して頑張れば、英語の成績がかなり上がっていきました。英語の勉強方法の効率の良さがすごい!と思います。特に長文のやり方がすごく役立ちました。

ページ先頭このページの先頭へ